泣き顔アルバム

こんにちは、シュシュポルトの山下です。




お子様が悲しくて泣きそうなとき

シャッターを切ることができるのは、お父さん、お母さんだけ。


という言葉をチラっと見かけました。

もちろん、大丈夫か!?と駆け寄ってなだめるのが第一ですし

おおごとではないことが前提ですが


例えば、うまくお菓子がつかめなくて悲しくて

次第に泣き顔に変わっていく瞬間などであれば

ほほえましく眺めてしまう。


「ふふっ、可愛い」とシャッターを押したくなるのも

パパママだからこそかな、と感じました。


周りの大人は涙は拭いてくれるけど、慰めるだけですよね。

幼稚園、小学校、中学校と挙がるにつれて子どもはだんだんと泣くことが少なくな

ります。

笑ったときやはしゃいでる時の写真はみんなもっているけれど、アルバム

の中にたまにいじけている写真や大泣きしている写真があると、見返したときに


「こんなこともあったねぇ~」なんて楽しめます。

大泣きしている子どもはそれどころじゃありませんが、この写真を撮ってあげられ

るのはお父さん、お母さんだけ。

「喜怒哀楽」全部が詰まった素敵なアルバムを10年後、20年後に手渡せる。お父さ

んとお母さんだけの特権をフル活用して、お子さんの毎日を写真に収めてあげるのは素敵なことですよね。

笑顔ばっかりのアルバムも素敵だけど、いろんな表情が写真に残っていたら、きっ

と思い出深いものになるはずです。泣き虫の子には「泣いている写真だけのアルバ

ムをつくる」なんていうのも楽しいかもしれませんね。


シュシュポルトでは

泣き顔も含めて、嬉しそうな表情、何かに興味津々な真剣な表情など・・・・

その時のお子様の一瞬一瞬を大切にしています。


パパママにはもちろんかないませんが

パパママ「目線」で愛情をこめて一枚一枚切り取っていければと思っています。


シュシュポルトの公式HPはこちらから▶

撮影プランや価格について 無料カタログプレゼントはこちら▶

0コメント

  • 1000 / 1000